トップページ

ご利用方法

弁護士紹介

特集(遺言・相続)

お問い合わせ

当事務所への行き方

(1) ご予約


お電話、メール、あるいはお問い合わせフォームで、ご相談内容と面談のご希望日時をお知らせください。お電話の場合は、その場で面談の予約が可能です。メール、お問い合わせフォームの場合は、当事務所からの折り返しのご連絡により、面談予約を確定いたします。

ご相談は原則としてご本人様のみから承ります。ご友人等による代理相談はお受けしておりません。健康上の理由等からご本人の来所が難しい場合、ご親族(親・子・配偶者など)による相談には対応しております。

なお、既に弁護士に依頼されている方からのセカンドオピニオン相談、ご本人様(法人の場合には会社代表者)以外の方からの代理相談、事情開始する際の規制や契約に関わるビジネスプランニングなどの予防相談は、有料(初回30分5000円、税別)となります。

(2) 無料面接相談


ご予約の日時に当事務所にお越しください。ご相談内容は全て弁護士が直接うかがい、その場でご質問にお答えいたします。

初回法律相談は30分まで無料です。ご相談内容によっては、弁護士の判断により相談時間を延長することが可能です(この場合のご相談料金も無料です)。なお、無料面接相談は、お客様の法律上の問題解決を目的としており、相談「時間」そのものを提供するサービスではありません。ご予約の段階でできるかぎり余裕をもって相談時間を確保するよう努めておりますが、当日の弁護士の日程等により、やむを得ず短縮する場合もございます。

2回目以降の法律相談は有料(税別)となります(2回目は30分毎に10,000円、3回目は30分毎に15,000円、4回目以降は30分毎に20,000円です)。

(3) 受任


面接相談を経て、弁護士に問題の処理(書類作成、交渉、訴訟対応など)をご依頼される場合、当事務所の報酬基準をご説明し、委任契約を結んでいただきます。

当事務所の弁護士費用は(旧)日本弁護士連合会報酬等基準に依拠しております。同基準では、一般の訴訟事件および交渉事件の場合、紛争等の対象となっている財産額が300万円以下であれば着手金8%、報酬金16%、300万円超3,000万円以下であれば着手金5%+9万円、報酬金10%+18万円となります(ただし、事案の内容・性質に応じて最低金額の定めがあります。また、裁判外交渉事件の場合、高額事件について投下見込時間に応じて着手金の割引を実施しています。したがって、紛争対象財産額が高額の場合には上記基準よりもやや低く、紛争対象財産額が低額の場合には上記基準よりもやや高くなります。)。

個人のお客様向けタイムチャージ(時間制報酬)は、1時間あたり2万円(登録1年未満の弁護士)〜1時間あたり4万円(登録20年以上の弁護士)(税別)です。但し、依頼内容の専門性等による増減があるほか、顧問契約等による割引制度があります。
中小企業及び個人のお客様の紛争案件など、ごく限られた予算枠で業務を遂行する必要がある場合にも、時間制報酬の総額について上限金額を設け、一部を成功報酬とすることなどにより、適切な対応を図っています。タイムチャージ制は、特に高額事件についてお客様の費用負担が少なくなる可能性があるほか、弁護士業務と費用の関係が可視化され、迅速かつ効率的な業務の遂行に資するなどの利点があります。

ご依頼内容やご事情に応じて柔軟に対処しておりますので、弁護士にご希望やお悩みを率直にお伝えください。